いつでも簡単に

煩雑な経費精算業務を効率化すしっておきたい情報

経費精算には申請、精算業務、社内部署でのワークフロー、精算、振込み、会計ソフトへのデータ入力若しくは連動取り込みといった一連の作業が金額の大小に関わらず発生し社員数の多い、出張の多い営業マンがいる会社ほど経費精算に時間を取られています。 特に交通機関を利用した場合の区間料金やクレジット処理や航空機を利用した場合の出張費の役職別の費用等、営業マンのみならずチェックする経理部署も経費精算には大変な作業をしています。 経費精算業務は決算書の数字として反映される重要な作業ですので正確性を求められ数字が合うまでおこなわれます。 間接業務と雖も収益や会社を運営していく為の必要な金額を使用した処理ですので正確性と同時に効率化を求めていく様になりました。 社員は何処にいてもPCやスマホで申請請求が出来、データの 修正が可能な経費精算の仕組みを利用出来る様になりました。 経理部署も画面でチェックし申請許可をすれば自動仕分け、FB(振込みデータ作成)までもやってくれる仕組み利用の企業が多くなってきています。

クラウドシステムを利用する事で多くのメリットがあります。

従来の経費精算業務は30分から1時30分くらいの時間を営業マンは費やして出張後の手間のかかる仕事でした。 又、交通機関の区間料金調べや交際費の仮払い処理や立替処理、経費の勘定項目等も手間のかかる仕事でした。 このクラウドシステムは外部のサーバーにアクセスして月額でソフト利用するシステムになっていて利用人数や契約期間、システム拡大機能により料金が決まり会社サイズに合ったコストで利用出来るのがメリットです。 出張先からでも申請、精算が出来上司の承認が必要なワークフローも企業のルールに基づいて設定可能です。各部署や社員が打ち込んだ申請、請求データは一括して経理部署でチェック、処理されFB(銀行振込みデータ)、経理ソフトへの連動データ、クレジット会社からの利用明細データの取り込みの作成をしてくれ処理後の事務作業を大幅に削減してくれます。経理部署は月次決算や本決算の残業時間や残業代の削減に繋がり正確でスムースな決算処理を出来る様になります。